ガイナの暑さ対策 《断熱・遮熱》

暑さ対策 → 断熱・遮熱

ガイナの球体セラミックによって、太陽光に含まれる赤外線を反射します。
また、ガイナ表面温度が周辺の温度に適応し、熱の移動を最小限に抑え込みます。

夏でも空気がさらっとして、心地がいいですね

イメージ画像
※イメージ画像

愛知県でリゾートコテージのようなご自宅を建てられたYさんご夫妻。
外壁や室内の壁、天井にガイナを施工しました。

完成した新居でご夫妻がまず感じたのは、空気の爽やかさ。「エアコンも使っていないのに、部屋の空気がさらっと乾いていて、とても気持ちが良いんです。押し入れに入れている除湿剤も水が全然溜まりません。」というYさん。
透湿性に優れたガイナと無垢の木の組み合わせが、この爽やかさを生みました。
夏の暑さへの効果も期待以上。前の住まいは外から帰るたびにムワっと蒸し暑かったのに、今はそれもなく、エアコンをほとんど使わずに済むのだとか。
「ガイナのおかげで日々快適です。」と大満足のご夫妻です。

エアコン頼みだった家が遮熱効果でひんやり

イメージ画像
※イメージ画像

ガイナの遮熱力を実感されている方は数多くいらっしゃいます。

「24時間エアコンをかけなければならないほど夏暑かった。」という東京都在住のMさん。
遮熱効果が高く、かつ大掛かりな工事の要らないガイナを勧められ、屋根と外壁に施工したところ見違えるほど暑さが和らぎ、家の中はひんやり。
静岡県のKさんも「夏の暑い日に帰宅した時、あまり暑さを感じなくなりました。」また、愛知県のTさんは2階の暑さが耐えられなかったのが、「1階との温度差がなくなり、窓を開けるだけで暑さをしのげます。」
茨城県のSさんは、ガイナ施工後に屋根の温度を測ったところ、「施工前より表面温度が28℃以上低かった。驚きましたよ。」

ガイナ 遮熱効果のメカニズム

遮熱効果のメカニズム

ガイナの球体セラミックに侵入した太陽光に含まれる赤外線は、球体のプリズム効果により、反射と屈折を繰り返し、屋内に侵入するエネルギー量を減少させていきます。(図の左)

またセラミックに配合した遮熱物質が太陽光に含まれる赤外線を反射します。(図の右)

内装に施工して冷房効果を高める

遮熱効果のメカニズム

室内空気温度がいくら低くなっても、壁・天井の温度が高ければ、熱は室内へ侵入します。

ガイナを内装に施工すると、エアコンをつけたその時から、エアコンの冷気温度とガイナ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。

ガイナを施工すると、体感温度は下がる

遮熱効果のメカニズム

室内空気温度が20度で、壁・天井の表面温度が40度である上図の部屋の体感温度は30度となります。[(20度+40度)÷2=30度]。

ガイナを施工した上図の部屋は、室内空気温度が同じ20度でも、壁・天井の表面温度が室内空気気温に順応をし、体感温度は20度となり、その差は10度も低くなります。[(20度+20度)÷2=20度]。