ガイナの寒さ対策 《断熱・保温》

寒さ対策 → 断熱・保温

室内温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。
ガイナを施工すると、周辺の温度に適応し、熱の移動を最小限に抑えます。

夜冷え込む部屋が、暖房を切っても10℃以上に!

イメージ画像
※イメージ画像

「冬にガイナの断熱効果を身をもって知りました。」というのは長野県にお住いのIさんご一家。

今までは寒冷地用に暖房機能を強化したエアコンに加え、石油ファンヒーターもつけ、就寝後はオイルヒーターまで使っていたのに、朝には室温が0℃以下になっていました。
「ところがガイナを塗布したら、20畳以上ある部屋が、エアコン1台で暖まるようになり、寝る直前まで部屋を暖めておけば、後は暖房なしでも翌朝10℃以下になることはありません。」

その結果、電気代、灯油代も大幅に節約できたそうです。

底冷えのする部屋が暖かくなり、結露にも効果

イメージ画像
※イメージ画像

東京郊外にマンションを購入されたHさんご一家、冬の寒さが厳しく、躯体のコンクリートが冷え切ってしまうため、断熱材が入っていても北側の部屋はしんしんと底冷え。
壁も結露でびしょ濡れでした。

「断熱性能を上げるには壁を壊して断熱材を追加しなければならない。」と考えていたHさんですが、ガイナは塗るだけでOKと聞いて、壁と天井、収納の内部にも塗布することに。効果はすぐに現れ、部屋は冬でも暖かく、結露も見られなくなりました。
「以前は皆、南側のリビングで過ごすことが多かったのですが、今は快適になった北側の部屋にいる時間が増えました。」とおっしゃるHさんご一家です。

ガイナ 断熱・保温効果のメカニズム

外装に施工して放熱を抑える

遮熱効果のメカニズム

熱は、高いところから低いところへ移動する性質を持っています。

ガイナを外装に施工すると、外の空気温度とガイナを塗布した表面温度が適応することによって熱の均衡化が起き、その表面で熱の移動を最小限に抑えます。この働きにより、室内の熱を外へ逃がしにくくします。

内装に施工をして暖房効果を高める

遮熱効果のメカニズム

室内空気温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。

ガイナを内装に施工すると、室内空気温度とガイナの表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。

ガイナを施工すると体感温度は上がる

遮熱効果のメカニズム

室内空気温度が30度で、壁・天井の表面温度が10度である、上図の部屋の体感温度は20度となります。[(30度+10度)÷2=20度]。

ガイナを施工した上図の部屋は、室内空気温度が同じ30度でも、壁・天井の表面温度が室内空気温度に順応し、体感温度が30度となり、その差は10度も高くなります。[(30度+30度)÷2=30度]